2017年 11月 の投稿一覧

結婚記念日

 

私事ですが、今夜は24回目の結婚記念日。

 

若い方にはずいぶんと長く感じる年月だと思いますが、当人たちにとっては、実に「アッ!」と言う間の時間です。

 

いろんなことを家内と一緒に経験してきました。

 

喜怒哀楽も我が人生の大半を共にしてきました。

 

感謝です。

 

これまでありがとう。

 

そして、これからも宜しくお願いします。

 

 

 

生きる目的

 

きのう聴いたおじさん達の立ち話し。

 

仕事帰りに一杯ひっかけていくかぁ〜、ってな感じで最近凝ってる一人呑みにいつもの小料理屋のカウンターへいくと、もうすっかり出来上がっている先客が気持ちよさそうに呑んでいる。

 

見たところ60前後のおじさん二人。

 

聞くとはなしにどうしてもお二人のお話しが耳に飛び込んで来る。

 

どういう話をしているのかというと、、、。

 

 

親父A 「俺んとこの長男、実は脳に障害を持ってるんだよね。

だから、最近はほとんど寝たきりなんだよ。」

 

親父B 『そりゃあたいへんだね〜〜。』

 

親父A 「そんなことないよ。これがもういい歳なんだけど、とにかく可愛くてね〜〜。子どもっつうのは幾つになっても可愛いもんだね〜〜。」

 

親父B 『でもさあ、ずっと介護してるんだろ? 奥さんと二人でさ。』

 

親父A 「そりゃあもちろん介護してるよ。 ところでBよお。お前さんの生きる目的ってなんだい?」

 

親父B 『そうだなあ〜〜。考えたこともねえなあ〜。』

 

親父A 「だろ。実はなあ、俺は、その長男がい生きる目的なんだよ。だから健康にも日々気を使ってな。酒もほどほどにして、運動だってこの歳でもちゃんとやってんだよ。」

 

親父B 『いいことだなあ〜。ついつい、障害を持っている子どもがいると、たいへんだろうな〜ってしか思わないけど、そういうことでもないんだな。』

 

 

だって。

 

隣で聞いててとても嬉しくなったなあ〜。

 

こういうことがあるから、一人のみってやめらんないんだよね。

 

さて、今日も一生懸命、目的もって頑張るか!

 

 

 

新宿紀伊国屋からぶらっと水道橋へ。。

 

久しぶりの丸一日の休みを取って、今日は朝から新宿の紀伊國屋へ本を買いに。

 

帰りに水道橋のお肉がメインのイタリアンへ。

 

とってもリーズナブルでお肉も柔らかく、美味しくいただきました。

 

たまには一人でぶらっとするのもいいな〜。なんて感じた日曜日でした。

 

 

 

うつ病で退職からの「転職成功」したナースの話し

 

昨日、とても嬉しいことがありました。

 

以前に転職をサポートさせていただいた看護師さんから、プライベートで使っているインスタグラムに

 

『いろいろ大変なこともあるけど、周りのサポートもあって元気にがんばってます。』

 

と連絡があったんですね。

 

かなり時間をかけて、それこそ何度もなんどもお会いして、「あ〜でもない。こ〜でもない。」と二人で悩みながら、また、いろんな人にも相談しながら転職に至った経緯もあったので、本当に嬉しく思いました。

 

転職サポートは働き始めてから後の、ご本人たちからの『元気にがんばってます!』って言葉をもらって始めて成功と言えますからね。

 

 

この方、看護学校を卒業後、都内の急性期病院の病棟で働き始めましたが、3ヶ月も経たないうちに、まず眠れなくなり、仕事に行くのが嫌で仕方なくなり、それでもなんとか騙しだまし10ヶ月ほど在職したものの耐えきれなくなり退職された、まだ当時23才の看護師さんでした。

 

退職の理由は夜勤がどうしても生活のリズムに合わなかったのと、人間関係の二つ。

 

 

         A

急性期の場合はどうしてもみんなパタパタクルクルと忙しい現場なので、やさしく丁寧な指導 ってのは難しいし、萎縮しちゃって質問もしづらい。

 

          B

そうなると、インシデントなんかも出てくるしどんどん自信を無くしてしまう。

 

          C

自信をなくす = 不安が増える ってことだから、精神的にも落ち着かなくなり睡眠も十分に取れなくなってしまう。

 

           D

それでも忙しい現場なので、どうしても萎縮しちゃって質問や相談がしづらい

 

って、A ⇨ B ⇨ C ⇨ D を繰り返して行くんですよね。

 

あくまで私見なんですけど、ある意味、 

 

急性期での看護ができる看護師が特別であって、重い責任・過度の緊迫感。

しかも時間に限りがあり、絶対にミスも許されないし、他の仕事と違ってやり直しもきかない中で日々仕事をこなして行くのはほとんどスーパーマンクラスですよね。

 

って思ってます。

正直、僕出来るかというと自信がない。。。

 

なので、急性期が辛くて辞めて転職をしたい。って思うことは、普通のことなんじゃあないかなって。

 

べつに看護師に向いてないってことじゃないんじゃないかって。

 

もっとも、辞めて転職したいと思いつつも、経験を重ねていくうちに急性期に慣れていく方もいらっしゃいますけど。。

 

でもやっぱり大体一年くらいで見極めないと、本格的に(本格的にってヘンだけど。)うつ病になったりするし。

 

そうなると、退職してうつ病が治っても、またちょっとしたことで再発するなんてことになりかねないし、実際にそうだったって言う看護師さんを何人も見てきましたからね。

 

そういう看護師さんとは本当によ〜く話し合って、最終的には健診や未病分野やアンチエイジングなどの医療機関を紹介する場合が多いですね。

 

急性期じゃなければ慢性期や介護施設でもいいかというと、どちらも「死」が近くにあるのであまりおすすめはしていません。

 

仮に、慢性期や介護施設に行くにしても、いったんはしっかりと数年リフレッシュ且ついろいろな経験をしてからがいいですね。

 

しっかり「社会人としての自信」をつけてからの再挑戦をすすめてます。

 

もし、これを読んでる同じ境遇の看護師さんがいらっしゃったら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

ひと休み

 

たま〜〜には、ほんとにたま〜には今いる場所から一歩はなれて、客観的に自分を見つめなおさなきゃいけないですよね。

 

意外と、良かれと思ってやってたことが、客観的に見てみると少し違ってたりすることがあったりするんですよね。

 

「PDCAサイクル」ってありますけど、自分自身、プライベートでもしっかりと「プランを立てる」→  「行動する」→  「チェック・修正する」 →  「修正内容をふまえて行動する」  ことって大事だなぁ〜。

 

なんて考えさせられることがありました。

 

そのためにも、ひたすら突っ走るだけじゃなくて、たまにはひと休みしなきゃいけないなぁって。

 

・・今日は帰ったら30分だけでも瞑想します。

 

では、本日もはりきって頑張りましょう!!

 

 

いってきまーす!・・お散歩お嬢さん

 

これから楽しい夜の散歩。

 

パグのノッコちゃんは、ななせお姉ちゃんが大好き。

 

いつも学校から帰ったらお散歩に連れてってくれるから。

 

今夜はどこに行くんだろう?

 

 

 

ハロウィン・・ガチャピン

先日のハロウィン。

 

学校から帰るなりガチャピンに変身した娘っこ。

 

速攻で親友のアオちゃんと夜の公園に出かけていきました。

 

・・最近のヤング(古ッ!)はアクティブだなぁ〜〜。