2018年 8月 の投稿一覧

逃げるという選択肢

人を励ます時によく使われる言葉で『逃げちゃいけない』ってのがありますよね。

 

ぼく、思うんだけど逃げるのがベストな困難てけっこうあると思うんだよね。

 

小さい頃から『逃げちゃいけない!がんばれ!』ってことだけ言われ続けたら、いつか解決できない困難がやってくると思うんだ。

 

それよりも積極的に逃げて解決する方法も教えておいた方が良いと思うんだよね。

 

ウサギが虎に出くわしたら積極的に、それこそ脱兎のごとく逃げるよ。

 

『逃げずに闘うんだ!』って勢い込んでも虎から見たらただの餌だからね。

 

人生にはどうしようもない困難があったり、どうしようもなく相性の合わない人っているよ。

その度に戦ってエネルギーを消費してたらもったいないよ。

 

それよりもそこから積極的に逃げた方がいいよ。

 

あの織田信長だって逃げ足は超一流だよ。闘うことも超一流だけどね。

 

『逃げることは恥』じゃあないんだ。

だから人生の選択肢にちゃんと入れておかなきゃいけないよ。

 

 

 

不幸の構成要素について

先だって、懇意にさせていただいている先輩からたいへん為になる話を聴きました。

 

とても判りやすくて良い話だったので、今回はこの場所を借りて皆様にも紹介したいと思います。

 

『不幸の構成要素について』という話です。

 

その先輩曰く、不幸の構成要素を理解すればスグにでも幸せになれるということです。

 

端的にいうと不幸を構成しているものは。。

 

1、不機嫌そうな顔

2、愚痴や泣き言、他人の悪口を言っている

3、不潔な身なり

 

以上の3つでだいたい構成されているとのことです。

 

例えば1の『不機嫌そうな顔』ですが、近くに不機嫌そうな顔の人がいたりしたらそれだけで迷惑じゃありません?

不機嫌そうな顔って見てるだけで嫌〜な気持ちになりますよね。

そんな不機嫌そうな顔をしている人が幸せそうに見えるわけないですよね。

 

次に愚痴や泣き言、他人の悪口を始終言ってる人にはどうですか?

そんな愚痴や泣き言、他人の悪口を聴いて愉快で楽しい気分になれますか?

ぼくは到底、楽しい気持ちにはなれません。

 

最後に『不潔な身なり』ですが、髪の毛がボッサボサでヨレヨレのシャツやズボン、おまけにシャワーも浴びてないから体臭もすごい。

どうです?近づきたいですか?

 

3つの要素をクリアすれば立派な『不幸な人』が出来上がりませんか?

 

じゃあ幸せになるにはどうすれば良いでしょう?

 

もう皆さんはお解りですよね。

 

そうです。3つの不幸の構成要素の真逆を行えばいいだけです。

 

まず、機嫌良さそうにニコニコする。(注:ニヤニヤ・ニタニタじゃあダメですよ。)

次に愚痴や泣き言、他人の悪口を言わない。言うなら人の良いところを探してそこを褒めてみる。

そしてきちっとおしゃれして清潔にする。何もブランドの服を着なさいってわけじゃないですよ。

あくまで清潔を心がけるだけです。

シャツやズボンだってちゃんと洗濯してアイロンをかける程度でOKです。

 

そして背筋をシャンと伸ばして颯爽と歩けばもう見るからに『幸せそうな人』じゃありませんか?

 

引き寄せの法則じゃないですけど、幸せそうな人には人も集まってくるし、そう言う人には良いことも必ず起きますよ。

 

・・・概ねそういう話を先輩から教わりました。

 

早速その日から『幸せの構成要素』を試していますが、効果はテキメンです。

 

まず家族との会話がなぜか増えました。

 

あと、道を歩いてても外国の方から道を尋ねられたりすることも多くなりました。

 

たぶん親切な良い人に見えるんでしょう。

 

そうことが続くと実際に気分も晴れやかだし、なんだか気持ちも上がってきます。

 

どうですか?

 

とても簡単ですから皆さんも試してみてはいかがですか?

 

はれやかな南国の気分になれますよ。^^

 

 

 

 

断捨離のすすめ

ここ数年来、断捨離がぼくのブームです。

時間があって気が向けばスグに断捨離のスタートです。

もっとも断捨離しすぎて捨てるものがあまり見当たらないこの頃ですが。。。

 

なぜ、断捨離にハマってきたのかというと。。

 

まず、体調を整えるために始めてみたのがキッカケです。

家は気を養う唯一の場所。

だから家の中をスッキリと綺麗にしなければと思った次第です。

 

たとえば玄関。

家族は4人なのに靴は何足出ているだろうって数えてみるとなんと8足もある。

下駄箱もあるのに、履かない靴やサンダルを4足も出してあってそんなに広くもない玄関が靴でいっぱいになっている状況。

 

たとえば流し台。

洗い物こそ溜まってないものの、使わないグラスやお茶碗の類が累々と。。

 

特にひどかったのがクローゼット。

着もしない服がそれこそ山のように。。

 

中には数年も着たことがない服もそこかしこにあって邪魔なことこの上ない。

 

少し気をつけて見回しただけで上記のような悲惨な状況。

 

これだと家が片付かないどころか服なんかは増える一方だから『スッキリと整理された我が家で気を養う』なんて到底できっこない。

 

そこで一念発起して断捨離のスタート。

 

まずは靴を片付けてついでに玄関周りの掃除。

その次に流し周りの整理整頓。

 

それからクローゼットやタンスの中の服を断捨離。

 

まず1年以上着ていない服は無条件でリサイクルショップ行き。

それから手に取ってワクワクドキドキしない服もリサイクルショップ行き。

思い出がどうこうは一切関係なし。

とにかく断捨離!

 

もっとも今はリサイクルショップがあるから単にゴミになるわけじゃあなく。

必要とされる人のところで、あらためて陽の目をみるわけだから服たちにも幸せな話である。

 

という具合にスタートしたものの、その作業が完了するまでにはなんと1ヶ月ほど要しました。

意外と捨てるものが多いのと、断捨離を始めるとこれまで気づかなかった無駄(無駄というと語弊があるかな?あくまで我が家で陽の目をみることがなかった物たち)がドンドン目につく。

 

・・・で、

 

断捨離を始めてからというもの体調と言うか、疲れの取れ具合がぜんぜん違う。

 

たとえば睡眠時間も3〜4時間も寝れば翌朝にはスッキリと目覚めることができる。

 

あと、仕事や人間関係の方もスッキリした考えができるようになってきた。

 

ためしに皆さんも断捨離なさってみてください。

徹底的にやってみるとかなり心身ともにスッキリできますよ。

 

と言うわけで、今日も仕事がひけたらいろんな資料関係の断捨離に取り掛かります。

 

では皆さまご機嫌よう。。。

 

 

 

 

 

新入社員からの人間関係の相談。。

新卒の社会人一年生からこういう相談を受けました。

 

「希望したところに就職できたと思って頑張ってきたけど、先輩や上司がとても厳しくて、もう心が折れそうなんです。

まだ4ヶ月しか経ってないけど、どうすればいいかわからない。。。」

 

彼女は今春、大学の看護学部を卒業して民間の総合病院に就職したピカピカの社会人一年生。

学生時代に先生への事前相談や職場見学などもしっかり行って、かなりの自信をもって4月の就職を迎えたわけですけど、実際に働いてみると人間関係は本人の描いてた良好なものではなく、前述した通りの状況だったということです。

 

しかしながら実際の職場の人間関係は当初彼女が思っていたものではなく、いざ入ってみると諸先輩方々からは『早く仕事を覚えろ!』的なプレッシャー(期待)が強く、人一倍真面目な彼女は、そのプレッシャー(期待)に押しつぶされそうとのことでの今回の相談です。

 

その相談に対して僕からの回答が以下の内容。。。

 

仕事は長〜いハードル競技。

ひとつひとつしっかりと努力してクリアしていけばそのうち信用と信頼を勝ち取ることができるよ。

 

どうにも新人のときは『早く覚えなきゃ』って自分自身が思ったり、周りも自分の新人時代の時を忘れて『早く覚えて!』なんて言ったりするけど、そこで焦っちゃダメだよ。

 

仮にハードルが縦に長くじゃなくて横に並んでたとしても、そりゃあいっぺんに飛び越えるのはムリな話だよ。

 

もちろん努力して体力をつけなきゃダメで、ただ何にもしないで時間が過ぎるのを待ってばかりいてはいつまでたっても飛べっこないからね。

 

努力なしで時間が過ぎるだけでは、その期間は『経験』になんかならないからね。

 

新人のうちはじっと耐えて努力して、仲の良い人に相談なんかしながら過ごすといいよ。

 

み〜〜んなに新人時代はあったんだから周りの陰口悪口は雑音として聞き流すといいよ。

 

それにね、サッカーだってバスケットだって、敵がいて邪魔やプレッシャーをかけるからゴールを決めた時に嬉しいんだよ。

だ〜〜れも邪魔しないで「ハイ!どうぞ」ってゴール入れてもぜんぜん面白くないよね。

 

仕事だってそう。

 

大変だから楽しいんだよ。

ゲームのように仕事を楽しめるように頑張るようにしようよ。

物事はたいていのことは一生懸命にやれば楽しくなるんだよね。

 

ただ、大事なことは人と比べるんじゃなくて、昨日の自分と比べることなんだよね。

 

人と比べちゃダメだよ。

昨日の自分と比べてみてほんの少しでも伸びてればいいんだからね。

 

もちろん僕自身そんなにできるわけじゃないし、みんなとおんなじようにいろいろと悩んだり苦しんだりしているよ。

だからあくまで偉そうにじゃなく、自分自身にも言い聞かせながらのアドバイスだけどね。

 

さあて皆さん、今日も張り切って頑張りましょう!!

 

 

 

八月や 六日九日十五日

「八月や六日九日十五日」 という詠み人知らずの俳句があります。

 

若い方々にはピンとこない人もいらっしゃると思いますが、それぞれ昭和20年8月の広島、長崎への原爆投下。それと終戦記念日を表している俳句です。

 

今年ももうすぐ八月六日がやってきます。

 

戦争が終わって73年経ちましたが、今だに世界のあちこちで争いは続いています。

 

人類が平和に優しく共存出来ることを夢見る8月です。

 

ちなみに昭和20年6月23日は日本で唯一の地上戦が行われた沖縄戦の組織的な戦闘が終了したことを記念した「慰霊の日」です。

 

沖縄ではこの日、正午になると毎年県民全員が戦没者に対して1分間の黙とうを捧げます。