ハッピーブログ

自分へやさしく。・・・セルフコンパッションとは

今、苦しんでるかた、結論から先に言いますね。

人に優しくするように自分自身にも優しくしてあげてください。

久しぶりの長~い梅雨を迎えて、低気圧のせいもあるのか気分の落ち込みを訴える人が増えてきました。

例年そうですが、この時期はどうしてもそういう相談が増えますね。

どうにも気分が鬱屈して会社に行くのが嫌だったり、外へ出るのが嫌でついつい引きこもりがちになったり。。

(実際にうつ病になる方もこの時期に増えるらしいですね。)

やさしい人に限って気分の落ちこみを訴えてきます。

さて、そんなやさしい皆さん、自分にも同じように優しくしていますか?

好きな人、家族やペット、可愛い後輩たちに接するように自分自身にも優しくしていますか?

そういう人に限って多いんですよね。・・「人に優しく自分に厳しい」

そういうガチガチの考えを少しゆるめるだけでずいぶんと生きやすくなりますよ。

今日はそんな話を一つ二つ。。

まず最初に共通して認識したいのが「完璧な人間」はいないということ。

誰もがなんらかの短所を持っています。

たぶんそのことはあなたもすでに知っていることだと思います。

知っているからこそ人に優しくなれるわけです。

『帰属のバイアス』

「帰属のバイアス」もしくは「帰属のエラー」という心理学用語があります。

心理学者のフリッツ・ハイダー(Fritz Heider,1896年-1988年 の)が」提唱して理論です。

人は何か事が起こったときに、その原因がどこにあったか(どこに帰属していたか)と求めます。

「内的帰属」と「外的帰属」

帰属には内的帰属と外的帰属の二つがあります。

内的帰属は原因を人の内面(性格や能力など)に求めるのに対して、外的帰属は原因を外面(環境や周囲の状況)に求めます。

たとえば、仕事を失敗した同僚に対して「あいつは能力がないから仕事を失敗したんだ。」というのが内的帰属。

同じ失敗でも「サポート体制が整ってなかったし、時間もなかったからしようがないよ。」という評価が外的帰属。

どうですか?

内的帰属と外的帰属のどちらを選択するかというだけで、他者の評価が変わってきます。

やさしい人ほど他人の失敗の原因を外的帰属させます。

半面、自分の失敗は内的帰属に求めます。

すなわち、「自分の能力が低いから失敗した。」という考え方です。

『セルフコンパッション』

セルフコンパッションという考え方があります。

クリスティン・ネフ(Kristin Neff テキサス大学・教育心理学教授)の提唱する生き方の思考です。

ポジティブに自分をとらえるとか言った今までのストレス対処法ではなく、自分自身にも他者に対するようにやさしくし、長所だけでなく欠点も含めて自分自身を受け入れるという考え方です。

就職試験に落ちた友だちがいたらあなたならどうしますか?

きっと「大丈夫!会社はまだまだあるし、むしろもっといい会社があるってことなんじゃないの? 就職なんてみんな普通に百社とか受けてるんだからね。余裕だよ!まだまだ!」

なんて言いません?

僕ならそう言うし、実際そうですからね。

それを自分自身にもやっていこう。ってのがセルコンパッションです。

そもそも僕らは人間ですから、大前提として完璧はないわけで、ミス自体、何も特別なことじゃなく、普通にあることですからね。

だいたい、【自分に優しく=自分に甘い】っていう考えは全然違いますからね。

だから安心して友だちに対してと同じように自分に接していいんですからね。

『メタ認知』

「メタ認知」って知ってますか?

自分自身を客観的に見る(認知する)能力です。

ソクラテスの「無知の知」『知らないということを知っている』という有名なあれです。

「メタ」という意味は「高次の」という意味です。

つまりメタ認知というのは高い次元から自分を認知するということ。

自分が認知していることを客観的に把握しコントロールすること。

認知していることを認知するということです。

セルフコンパッションとは、自分自身を高次元から認識し、自分の強みや弱みを知ることで、欠点や弱さを受け入れ(人間だれでも何らかの欠点や弱さを持ってますからね)生きやすくするということです。

たとえば好きなこと(音楽やスポーツ)をしていたが、発表会や競技会を意識するようになり、他者との比較が始まり(自分が上手いとか下手とか音大や美大などより専門的な教育を受けた人に多い)、結果最初好きでやってた音楽やスポーツが嫌になってやめてしまう。

誰かからの評価を求めるのではなく、楽しいからやっているという自分を、競争をしない自分を受け入れることが大事だということです。

実際に完璧な人など存在しないわけで、完璧主義など幻想でしかありません。

欠点や弱みがあってもあなた自身の存在価値がなくなるわけではない

ということを、何らかの失敗をした友人にあなたは思うだろうし、伝えることが出来ますよね?

それをあなた自身にもやればいいだけです。

自分自身の欠点や弱みをメタ認知して、自分自身にも優しくなってください。

それがセルフコンパッションです。

では今日はこのへんで。。

カンタン!!ネガティブ思考から解放されて人生を豊かに出来る!

嫌な人、嫌なことに思考(大切な人生の時間)を使うことなく、好きな人、好きなことの為に時間を使おう!

”そんなこと出来るの?”

”勝手に頭が考えちゃうんだから無理だよ!”

と言った声が聞えてきそうですが、あることをするとちゃんと出来るんです。

そうです。もうお分かりになってる方も多いと思いますが、「瞑想」です。

「瞑想」で集中力をコントロール出来るようになれば、余計なことへ想いを馳せることをかなり少なく出来ます。

実際に僕自身もかなりこの方法で楽になりました。

世界的なメンタルコーチのマーシー・シャイモフ著 茂木健一郎訳の「脳にいいことだけをやりなさい!」では一日の思考の中身について下記のように言っています。

私たちの思考は常に”オン”の状態にあります。研究によれば、人は一日に六万個の物事を考えていて、その九十五パーセントは前日も前々日も考えていたことだといいます。同じレコードを毎日繰り返しかけているようなもの、もしくはipodで同じ曲を連続再生するようなものです。

問題なのは、その習慣的な考えの約八〇パーセントがネガティブなものだということ。つまりほとんどの人は一日に四万五千回、先の例に挙げたような後ろ向きの考えにとらわれているというのです。

世界的精神科医で脳イメージングの専門家ダニエル・エイメンは、こうした習慣化したマイナス思考を「ANT(自動再生式悲観思考)」と呼んでいます。ANTが次から次へと押し寄せてくれば、生理的機能にも悪影響が及びます。

冒頭に「嫌な人、嫌なことに思考(大切な人生の時間)を使うことなく、好きな人、好きなことの為に時間を使おう!」と書きましたが、一日に実に思考の80%!回数にして4万5千回も我々はネガティブなことを思考していたんです!

4万5千回ですよ!

そのネガティブ思考の時間を削って、大切な人を思うことや仕事に使えるとしたらどうですか?

人生にとってかなりお得になりますよね?

それが瞑想で出来るんです。

僕もこれまでは放っておくと、一日に何百回~何千回も一つのネガティブ(× ネガティブの数!!)なことに悶々としていたんだけど、その辛さといったらなかったです。

悶々としても結局解決には至らず、ただ目の前の「やるべきこと」から気を削がれるだけなんだからどうしようもないですよね。

気を削がれて、また目の前の「やるべきこと」に集中するのに15分~20分もかかるわけです。

大きな無駄ですよね。

ちなみに、瞑想の効果は脳科学の知見でも明らかになっています。

同志社大学大学院 脳科学研究所の貫名信行教授の「瞑想の効果を脳科学から見てみる」によると、

  1. ガンマ波の活動比率から集中力の増加がみられた。
  2. 脳の思考や創造性を担う前頭前野の皮質が厚くなる構造変化が見られた。
  3. 恐怖感や不安、喜びといった感情の働きに関わる偏桃体と、前頭前野の結びつきが強くなった。

(※痛みの軽減やうつ病の再発率の低下への効果も脳科学の知見から説明することが出来るそうです。)

そうなんです!

つまり、集中力の増加によって、ネガティブな思考に振り回されることが少なくなるんです。

もちろん最初はネガティブな思いが散発的に出てきますが、そのたびに深呼吸(軽い呼吸瞑想)をすることで目の前の「やるべきこと」に戻れるんです。

これまで15分~20分かかってたのがスーッと戻れるようになるんです。

で、いつの間にかネガティブな思考の数が減ってきていることに気づくんです!

もちろん、このことは僕一人が言ってるわけではありませんよ。

さすがにサンプル数1だとおススメできませんからね。(笑)

下にとても分かりやすい動画を貼り付けましたので、そちらを参考にまずは気軽な気持ちで試してください。

まずは呼吸瞑想から

それからマインドフルネス瞑想

うつ病や気分の落ち込みにマインドフルネスが効く!

うつや不眠症、気分の落ち込みに

 

「マインドフルネス」

 

が効く!

 

5月と言えば五月病!

 

いやいやこどもの日でしょ!

 

なんて声も聞こえますが、僕の仕事上、実際にこの時期は気分の落ち込みから『転職したい!』『もう仕事に行くのがイヤだ!』という相談を多く受けます。

 

相談してくる看護師さんの多くが「不眠症」の経験者です。

 

それはそれは夜勤もあったりのハードな仕事だから心身ともに疲弊するでしょう。

 

他にも『お局様』の存在とかね。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~さて、私事は置いといて、「マインドフルネス」について

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

うつ病患者の脳の海馬は萎縮が見られ、逆に偏桃体は大きく過敏になっています。

うつ病の患者さんの脳では海馬の働きが落ちていて、偏桃体の働きが高まりすぎているということです。

 

海馬は記憶や感情のコントロールにかかわる部分です。ストレスを受けると損傷し、うつ病の発症につながると指摘されています。

 

偏桃体は不安や恐怖に反応する部分です。過剰に反応することによって、うつ病にかかわると指摘しています。

 

 

マインドフルネスを8週間実践したことによって、海馬は5%も増大し、偏桃体は逆に縮小し、ストレスに対する過剰な反応が抑えられるという研究結果も出ています。

 

マインドフルネスによって海馬が容積を増やして元気になり、働きすぎていた偏桃体が活動を落として反応を落としている。

 

わずか8週間で脳に構造的な変化をももたらしているわけです。

 

 

マインドフルネスは「マインドフルな状態」になることを目的に行います。

では、「マインドフルな状態」とはどういう状態でしょう?

解かりやすく対比してみましょう。

 

マインドフルな食事 → 食べてるご飯のおいしさ、おかずの味を堪能して「おいしい!」と感じながらする食事。

 

マインドフルでない食事 → 仕事のことや抱えている悩みに思いをはせながら、いつ食べ終えたのかわからないような食事。

 

マインドフルな会話 → 相手の話題の一つ一つに耳を傾け、こころから関心を持って聞く状態。

 

マインドフルでない会話 → 相手の話に耳を傾けることが出来ず、他のことに注意がいっているいる状態。

 

マインドフルな時間軸 → 今この瞬間が時間軸であり、過去やまだ来てもいない未来への不安に悩まない。

 

マインドフルでない時間軸 → 時間軸が、過ぎてしまった過去であり、まだ来ない未来である。

 

 

さて、マインドフルネスのやり方です。

カンタンなのでぜひお試しあれ!

 

① まず背骨をたてて姿勢を正して座ります。

  床に座っても椅子に座ってもどちらでもかまいません。

 

② 軽く目を閉じ、鼻から息を吐き切り、吐ききったら自然に任せて鼻から息を吸います。

  その時に呼吸に集中するわけですが、呼吸音を聴くようにすると簡単に集中できます。

  呼吸は深い呼吸を心がけますが、体が浅い呼吸を欲するときもあるのでその時は逆らわずに浅い呼吸をします。

 

③ そのうち雑念が浮かんできますが、その時は「雑念・雑念・雑念」と心の中で雑念があくまで雑念であることを認識してあげます。

  ふたたび呼吸に集中します。

 

④ それからマインドフルネスを始めていきます。

  パノラマ的な注意とも言います。

  背筋が伸びている感じや、足が地面についている感じや、心臓が動いている感じや、空気の流れなど周りの現象に気持ちを向けていきます。

  その時に雑念が浮かんできたら③に戻ります。

 

5分でも30分でも出来る範囲内でかまいません。

 

8週間続ければあなたの脳も変わるかもよ!

 

 

 

 

 

 

意地悪な職場のお局様を1カ月で味方にする技術

 

結論から書きます。

 

職場の嫌な上司や同僚、そしてお局様。

 

日々溜まるストレスの大きな原因となる人たちを

 

『たった1か月であなたの味方に変えます!』

 

 

やり方はいたって簡単!

 

 

『無理のない範囲でみんなに親切にするだけ』

 

 

たったこれだけで確実に周りが変化していきます。

 

 

「そんなバカな!?」

 

・・・そう思いますよね。

 

でもこれが科学的にも実証されてるんです。

 

 

イェール大学・医学部のエミール・アンセル氏らの研究データによると

 

 

「他者に親切をすることが、自分自身のストレスを軽減させ、幸福度を高める」

 

 

ということがわかっています。

 

 

この研究は18才~44才の成人44名を対象に行われ、スマートフォンで14日間の日常に起きた経験や感情をすべて報告してもらいました。

 

日常のストレスの度合いや人に対して何か親切なことをしたかなどです。

 

 

参加者は10項目の「PANAS」と呼ばれるポジティブ感情測定法を用いて精神的な健康状態を回答しました。

 

その結果、何らかの親切・援助行為を行った人はその行為によりポジティブな気分になりその日の幸福感が高まったそうです。

 

逆に親切・援助行為が少なかった人は気分もネガティブになり、その日の幸福感は少なかったとのことです。

 

また、カリフォルニア大学がコカ・コーラ社で従業員に対して行った実験では更に興味深い結果が出ています。

 

実験は「幸福感に関しての研究」であることを伝え、参加者に週に一度、以下の内容の記録をしてもらうというもの。

 

1.今どんな感情であるか?

2.この週にポジティブ・ネガティブな経験をしたか?それはどんな内容か?

3.今の仕事の満足度はどれくらいか?

 

 

また、事前に研究者から

 

半数の参加者は「意識して積極的に親切をする」グループ

半数の参加者は「期間中なにも親切を受けないグループ(※参加者には内緒で)」

 

に分けて二つのグループの違いをチェックしたわけです。

 

ちなみに「親切」の度合いですが、何かを取ってあげるとか、『ありがとう!』を積極的にいうとか、ドリンクをおごるとか、あくまで日常の中で出来る負担にならないレベルのものです。

 

では、研究の結果ですが、

 

① 親切にされた方もした方も、同程度のオートノミー性の向上(仕事への自信がついた)

 

② 親切にした方は人生と仕事の満足度が向上すると同時に気分の落ち込みが減少

 

③ 親切にされた方は、親切にされたあとでの他人にする親切の確率が、親切にされなかった参加者群よりも3倍も高くなった。

※オートノミー性 → 幸福感・安心感を得る営みが自主的・自律的であること 

 

 

 

この実験で特筆すべき点は③の

 

 親切にされた方は、親切にされたあとでの他人にする親切の確率が、親切にされなかった参加者群よりも3倍も高くなった。

 

 

ことです。

 

つまり実験の結果は

 

親切な行為はお互いの感情に良い影響をもたらすだけでなく、良い感情の感染をも引き起こす。

 

 

ということです。

 

 

 

親切をすることによって仕事に対しての満足度も上がり、気分の落ち込みも減少するなんて良いことだらけですよね。

 

是非、試してください。

 

 

ちなみにですが、転職を繰り返す人はどこへ行っても同じ嫌な感情を感じて、また次の職場を探し始める傾向があります。

 

 

組織そのものを変えることはできませんが、心理学的に自分が変わることは可能です。

 

 

平成から令和へと新しい時代が来ます。

 

 

この機会に「親切プロジェクト」一緒に挑戦してみませんか?

 

 

 

 

 

 

【重要】転職=転職成功ではないという事実

転職活動を通して自分自身のたな卸しをしてみよう!

 

転職を考えている看護師のためのサポートを行うことが、我々ナース転職サポートの仕事です。

しかしながら、どうもこういった紹介会社は、むやみに転職を進めるような印象が強いようです。

 

たしかに転職経験や社会経験の不足した若いコンサルタントが、この転職支援業界には多いのは事実です。

コンサルタントの紹介ページを見ても、若い方が多いですしね。

 

今の転職をしないほうが良いと思われる看護師が3割!

 

我々も日々、それぞれのコンサルタントが、何人もの看護師の転職サポートをしていますが、実際にその中には転職をせずに、今の職場にとどまったほうが良いと思われる看護師も3割程度いらっしゃいます。

 

「転職をせずに、今の職場にとどまったほうが良い」

と思われるのは次に示す5パターンです。

 

●将来の(長期にわたっての)キャリアプランがない方

●やりたいことが明確でなく、あこがれや興味程度で、まだ現実的ではない方

●ほかの選択肢をさぐらず、転職すれば今抱えている不満や不安を解決できると考えている方

●キャリアアップの努力をせずに、高い給与や知名度の高い病院やクリニックへの転職を考えている方

●自分自身のスキルについての評価が出来ていない方

 

概ね上記の5点の理由です。

 

「自分自身のスキルについての評価が出来ていない方」 とは、客観的な評価が出来ていない状態を指します。

具体的には自分の経験やスキルを、「自信を持って語れない」ようでは、今の職場で得られたことが「無い」、もしくは「少ない」ということであり、「自信を持って語れる」 ようになるまでは今の職場でスキルや経験を積むべきであろうということです。

 

この場合は転職活動を通して、自身の主観的な評価でなく、「客観的な評価」 を認識していただくようにしています。

ただし、上記の5つの「転職すべきでない理由」 も「現職にとどまっていても健康を害さない」 ということが大前提です。

精神的、体力的にも現職にとどまって体を壊すようであれば、転職をすべきでしょう。

 

では、どぅいう看護師が転職をすべきでしょうか。

 

●現在の年収・給与が自身のスキルと比較して市場相場より低い場合

●希望するキャリアプランやスキルアップが現在の職場では出来ない場合

●現在の職場ではどうしても解決できない強い不満を持っている場合

●今の職場で働き続ければ健康を害する場合

●引っ越しなどで物理的に働き続けることができない場合

 

 

※キャリアプランはなにも看護師としてのことだけではなく、例えば「将来的にはブライダルコーディネーターになりたい」 とか、「飲食店を経営したい」 とか言ったものも含まれます。

(最近はいわゆるセカンドキャリアを志す看護師も増えてきました。)

 

上記のような場合は積極的に転職をおすすめもしますが、そうでない場合は転職活動を通して、ご自身に「果たして自分は転職すべきか否か」ということをお決め頂きます。

「転職をせずに、今の職場にとどまったほうが良い」 かそうでないかをご自身で判断していくわけです。

 

では、結果的に転職をしない転職活動はムダなのかというとそうではありません。

転職活動を通して、今まで見えなかったご自身の夢やキャリアプラン。

または客観的な自身の市場価値なども見えてくるので、転職活動はご本人の将来にとってとても有意義です。

 

多少脱線はしましたが、そういう理由もあって、一般的な紹介会社とちがい、やみくもに転職をおすすめすることはありませんし、お留めすることもありません。

 

転職活動を通してあくまでもご本人が判断することですからね。

 

ちなみに下の図を見てもわかるように、転職活動をする上で看護師が一番重視する項目が人間関係です。

2017-01-06-3

出典:看護師の就職活動に関する意識調査分析

 

職場の人間関係の見極め方にはいくつかのポイントがあります。

 

●求人確認の電話をした時の電話を取られた方の対応を見る

 

丁寧な対応であっても、マニュアルに則った対応は「マナー」に厳しすぎたりして、働いているスタッフが疲れている場合が多い。

結果、スタッフ間のコミュニケーションがギスギスしている場合が多い。

もちろん、対応が悪いのがNGなことは言うまでもありません。

 

●採用担当者の対応を見る

 

我々のような業者に対してクール(悪い意味で)な対応を取る担当者は、経営サイドからの採用のプレッシャーが強いためストレスが溜まっているか、そもそもクールな担当者で、いずれにしても良くはない。

(製薬会社や紹介会社といった業者には「素」 が出ますからね。)

 

●働いている看護師や事務スタッフのやり取りや、患者さんへの対応(自然な笑顔が出ているか? 疲れた顔をしていないか?) 

 

職場の人間関係が良くないと、働いているスタッフに疲れが溜まります。

スタッフの表情を見ると、すぐにわかります。

また、意地悪な人も顔を見れば大体わかります。

 

あと、面白いのが、院長先生のクセが強い場合ですが、院長 VS スタッフ という図式が出来て、逆にスタッフ間の仲がとても良くなる場合もあるので不思議です。

 

さて、いろいろと書きましたが、今のご自身のたな卸しをするのにも転職活動は有意義です。

少し今の現状に悩んだなら、「絶対に転職する!」 ということでなくても他の職場の情報収集をするのはおすすめです。

 

Q 面接は何社でも受けられますか?

bnr-faq

はい、もちろん可能です。「面接=就業」ではありませんのでご安心ください。
就業先を選ぶ場合は、給料や休み、そして福利厚生などの雇用条件だけでなく、就業希望先の実際の印象がとても大事になりますので、納得のいくまでお付き合いします。

第 二 新卒とは?看護師さんの転職サポート

image

看護師の転職市場における 第二新卒 とは?


おはようございます。 6時15分、今日は少し遅めの出発です。  

日曜日の朝らしく電車の中も空いてて乗客もノンビリムード。  

 

わたしはこれから立川まで、第二新卒の看護師さんと転職の打ち合わせ。 待ち合わせ時間は11時なので少し早めの出発ですが、事前に調べておきたいことがあるのでちょうどいい。  

 

さて、転職市場でよく聞く 『第二新卒』っていう言葉ですが、いったいどのような場合に使われるのでしょうか?

“コトバンク” では

 

 ”第二新卒とは、大学などを卒業してから企業へ就職したものの、3年以内に退職した、または転職を希望する求職者を指す。”

 

と解説しています。

 

ただ、最近の募集側の傾向として、私の専門分野の看護師に限ってのことですが、どうも新卒半年~1年以内の看護師を指しているような場合が多いような気がします。

ナースきれい

それというのも 『第二新卒歓迎!』 ってクリニックって、募集対象者を臨床一年未満でもOK! っていう風に採用担当者が考えているからなんです。


今日、お会いする第二新卒の看護師さんも、希望の病院の希望の診療科目に就職したものの、夜勤がどうしても合わず、体調をくずされたとのことなので、次は日勤常勤でのお仕事をご希望です。

 

日勤のみのお仕事だと 『即戦力じゃないうちはスタッフが少ないからとダメ!』 ってところも多く、第二新卒だとなかなか苦労しますが、それでもないわけじゃないのでここは頑張りどころです。

 

まだまだ経験が浅く、採血や点滴にも不安はまだまだあるとのことなので、教育体制のしっかりしたところをさがすのが今回のミッションです。  

 

さて、今日もいつも通り元気に明るく頑張ります!  

 

 ・・ちなみに、写真はこの間沖縄に帰ったときのもの。 もちろん今日は電車ですよ。(^-^)

 


・・・2016年8月 追記

 

ご紹介した第二新卒OK!の透析クリニックで、働き始めて6か月。

なんとか仕事にも慣れてきたそうです。

ご高齢の患者さんが多い透析クリニックで、患者さんからもスタッフからもたいへん可愛がられているようで安心しました。

 

・・・若いってのはそれだけでいいなぁ。。。

動物ナース

サイトマップ

image おはようございます。 土曜の朝、くら〜〜い中家を出て近くのえきまで歩く。 なかなか乙なものです。   そう言えば今朝の2時に、新しく作った求人情報ページがGoogleにインデックスされてないことを発見! 早速確認したらサイトマップに載ってない! 調べてみたら「新しいページの追加」で意外とカンタンに対応できた。   軽くいなしたようだけど、軽〜〜く3時間かかりました。。   いやいや日々勉強です。(^-^)