退職を迫られています。クリニックで勤めて2か月目。看護師三年目です。

  • LINEで送る

黄色いファイルを持つナース

『療養型病棟で2年勤務してから、内科クリニックに転職して2か月目の看護師です。


外来勤務が初めてで、周りのスピードについていけず、業務がうまくこなせません。。

 

先輩の看護師からは「同一労働、同一賃金なのにやってらんない!覚える気がないならサッサと辞めたら!」と言われています。

 

私なりに頑張ってるし、続けていきたい気持ちはありますが、職場は看護師2名、受付1名なので、はけ口がない状態です。

 

この状態でやっていけるでしょうか?』


2すてきな看護師

 

先日頂いた相談です。

クリニックの場合、特に院長先生がオーナーの小規模なクリニックの場合によく聞く話しです。


 

結論から言うと、お辞めになったほうがいいと思います。

 

1か月である程度の業務の流れをつかみ、2か月目からは即戦力というのが、小規模クリニックが新人看護師に求める要求です。

 

基本的に必要最小限の人数で業務を回してますから、入職当初はともかくとして、ある期間を過ぎたら新人教育に少ないスタッフの労力を割くわけにはいきません。

 

当然、先輩看護師の負荷もかかるし、ひいては患者さんに迷惑がかかるからです。

ナース相談中

だからこそ、クリニックの場合は病院と違って臨床経験を問われるわけです。


実際に、私のクライアントでは富裕層をターゲットにした人間ドックを行っているからという理由もありますが、それほど小規模でないにも関わらず、臨床経験5年以上がマスト要件のクリニックもあります。

 

療養型病棟で2年の勤務経験があるとのことですから、採血や点滴、注射やバイタルサイン測定などのクリニックでの必須スキルは身についてるとは思いますが、なにせクリニックの外来は忙しい。

 

外来にはいろんな症状の患者さんが来ますが、それを限られた時間の中で効率よく対応しなければいけません。

 

診療介助とは、医師の診療を、限られた時間の中でスムースに進めていくためにいくのが仕事ですから、その準備も大事ですし、病棟と違って、クリニックの患者さんは診療後はそのままご自宅に帰られます。

 

ナースとこども

その極めて限られた時間の中で、食事などご自宅でのことも考えて、服薬などの指導・説明などを行わなけばいけません。


病院とちがって、複数の専門科目に分かれるわけでなく、様々な症状の患者さんが来るわけですから、当然広い領域に渡る知識も必要です。

 

なので、単に採血や点滴などの手技だけでなく、幅広い知識も吸収・学習の必要があるわけですから、思うほど楽なわけではありません。

 

そういうことを捉まえた上でクリニックに転職すれば、事前に心の準備や、入職前の事前学習もできるはずです。

 

(面接時に、入職前に予習しておくことを聴くようにすると、入職後の印象もずいぶん変わりますよ。)

 

ナースと医師

クリニックでも最近は、きちんとした医療コンサル会社が経営に参画している比較的規模の大きいところもだいぶ増えてきました。


前述した小規模少人数体制のクリニックよりも、複数の院の展開をしているクリニックであれば、教育体制もしっかりしているし、人間関係で悩むことも少ないように思います。

 

今回、ご相談いただいた看護師さんへは、現在のクリニックは早々に退職して、規模の大きいクリニックへの転職を提案してみました。

 

たとえば、診療科目にこだわりがなければ、透析クリニックなどは、人員も多く、教育体制の整ったところも多くあるので、オススメです。

 

もっとも透析なら透析で独特の問題点(あくまで問題点というならばですが。。。)はありますが、少なくとも一人の先輩看護師のせいで退職しなければいけないってことは避けられます。

 

ほかにも検診や人間ドックなどのクリニックも複数院の展開をしているところもありますし、場合によっては有料老人ホームなどの介護施設への転職もいいかも知れません。

 

いずれにしても現在の職場で神経をすり減らして働いても、あまり好転する見込みはなさそうですので、早々に環境を変えたほうが良いですね。


 

東京の日勤求人

千葉の日勤求人

神奈川の日勤求人

埼玉の日勤求人

 

  • LINEで送る

夜勤にさよなら!クリニックで働こう!

看護師は夜勤がつきもの。
いえいえそんなことはありません!

ナース転職サポートでお手伝いさせていただいた看護師さんのほとんどがクリニックや訪問診療、デイサービスや保育園などの日勤のみで働いています。

なかには臨床経験が一年に満たない看護師さんも大勢います。

理由はカンタン!

人気のある日勤求人は一般の求人情報誌に出た時点で、応募者多数でかなりハードルが上がるものですが、ナース転職サポートでは毎週、場合によっては毎日直接クリニックなどの採用担当者にホットな求人情報を電話で確認していきます。

だから求人情報誌に出る前に個別でアプローチできるので『応募者があなた一人!』ということも多々あるんです。

お問合せ

SNSでもご購読できます。