急性期病院から慢性期病院へ転職。ギャップに驚いています。

  • LINEで送る

あわてるナース

急性期病院と慢性期病院のギャップ!

 

急性期病院で3年間働いていました。

仕事内容には満足していましたが体調を崩して退職。


半年間休養した後、紹介会社から紹介された慢性期病院で勤め始めました。

ただ、看護技術が古く、点滴の管理もできていない状況です。

 

面接の時には最先端の医療を行っていると聞いていたのですが、実際には看護師としてのスキルアップは望めそうもなく、やりがいも感じられません。

 

師長や同僚もとても親切で優しい方ばかりで、とても居心地は良いのですが、ゆったりとしている分、時間の経過も長く感じたりして苦痛です。

体調も回復しているので、また急性期に戻った方が良いでしょうか?

 

ナース相談中

急性期病院から、慢性期や療養型病院に転職した看護師からとてもよく聴く相談です。


前職の退職理油が体調を崩してという事なので、体調を崩した理由をしっかりと把握しないと適切なアドバイスが出来ないケースです。

他にも人間関係とか、育児や家庭との両立のためとか色々な退職理由がありますが、ケースバイケースによって解決策は変わってきます。

 

ここは慎重に取り組まないといけません。

 

ナースきれい

では、ケースごとに解決策を模索してみましょう。


<ケース1>

 

この方の場合は、仕事内容には満足していたが、むしろ満足していたからこそ無理が効いたようで、その分過労がたたって体調を崩したようです。

これもよく聴く話です。

残業や休憩が取れないなど、物理的な負担から体調を崩した場合は、労務管理を徹底している病院を探して転職すれば解決することですが、

面接時の話しと実際の現場の状況にギャップがある場合も多々あるので、これも注意が必要です。

 

対策としては、自分で聞くのは抵抗もあるでしょうから、信用信頼出来る紹介会社のベテランのコンサルタントにちゃんと確認してもらうのが一番でしょう。

病院側にズケズケと突っ込んで聞くくらいのコンサルタントがいいでしょうね。

 

解決策としてはスキルアップしたい意志を尊重して急性期病院への転職。

 

考えちゅう

<ケース2>


同じように仕事内容には満足しているものの、この場合は人間関係から体調を崩しての退職。

このケースはジャッジがむずかしい。

人間関係には相性もあるので、実際に働いてみないと判らないことが大半。

 

ただし、運に任せるような病院選びは非常に危険。

通常、『試用期間』が3ヶ月程度あるのが普通だが、試用期間だからといって『人間関係が合わないから辞める』というのはなかなか言い出しにくいもの。

ではどうすればいいかと言うと、試用期間を更にライトにした、『お試し勤務』 を1週間〜1ヶ月程度設けると良い。

これも、紹介会社のコンサルタントに調整を図ってもらうと良いでしょう。

 

こちらも解決策としてはスキルアップの意志を尊重した急性期病院への転職。

 

おなやみ看護師

<ケース3>


さて、最後のケース。

慢性期はこういうものだと割り切って、勤務を続ける。

確かに、慣れとは恐ろしいもので、人間関係さえ良好なら、環境にはほとんどの場合慣れてくる。

もちろん、許容できるまでの期間には個人差があるが、適応能力が備わってるから、よっぽどのことがない限りは、環境を許容できるようになる。

半年〜1年ほどいて、自身の様子を見てみるのも選択肢の一つでしょう。

 

仲良しナース

<最後に>

いずれにしても、自分一人で抱え込まず、友人知人に相談して、鬱々とした気持ちを吐き出しながら考えをまとめましょう。

 

少なくとも、転職して、失敗して、再度転職をするのは職種を問わず普通のことですから。

 

 


 

東京の日勤求人

千葉の日勤求人

神奈川の日勤求人

埼玉の日勤求人

 

夜勤にさよなら!クリニックで働こう!

看護師は夜勤がつきもの。
いえいえそんなことはありません!

ナース転職サポートでお手伝いさせていただいた看護師さんのほとんどがクリニックや訪問診療、デイサービスや保育園などの日勤のみで働いています。

なかには臨床経験が一年に満たない看護師さんも大勢います。

理由はカンタン!

人気のある日勤求人は一般の求人情報誌に出た時点で、応募者多数でかなりハードルが上がるものですが、ナース転職サポートでは毎週、場合によっては毎日直接クリニックなどの採用担当者にホットな求人情報を電話で確認していきます。

だから求人情報誌に出る前に個別でアプローチできるので『応募者があなた一人!』ということも多々あるんです。

お問合せ

SNSでもご購読できます。