『自分の中のヒーローを見つける』

 

自問自答

 

今日は自分の中のヒーローを探してみることをこの場所を借りてやってみました。

 

あなたにとってヒーローってだれ?

 

って聞かれたら迷わずに出てくる人が2人います。

 

一人目は豊富秀吉

 

二人目は坂本龍馬

 

じゃあどういうところにヒーローを感じるの?

 

って聞かれたら、これも逡巡することなく

 

『明るいところ』って答えることができます。

 

欲張り

 

二人とも明るく、元気に、自分の目の前のことをコツコツと一生懸命に頑張っている。

 

二人とも欲張りだからものすごい向上心でもって目の前のことを一生懸命にやっている。

 

主に出世欲だろう。

世に出ること、世の中を良くすること。

 

いい服を着たいとか、美味しいものを食べたいとかいうことより、なんともスケールのでかい大欲だ。

 

欲が大きければ大きいほど人は頑張れるような気がする。

 

『出世欲はないけど、仕事はバリバリやっている!』なんてサラーリーマンを僕はこれまでただの一度も見たことはない。

 

再び自問自答

 

さて、翻って見て自分はどうだろう?

 

大欲を持って生きているだろうか?

 

いや、どうにも最近は欲がしぼんできたようだ。

 

聖人君子は欲を持たないのかというと決してそうではない。

 

キリストは世界を愛で満たしたい っていう大欲を持っていたし、ガンジーやマザーテレサも同様に大欲を持っていた。

 

欲の大きさ = エネルギーの大きさ とも言える。

 

ぼくの中のヒーローももっと大きな欲を持っていたはず。

 

おいしいものを食べたいとか、いい服を着たいとかいった世俗的な欲ではなく、ここではチョト恥ずかしくて言えないほどのでっかい欲。

 

結論

 

自分の中のヒーローを目覚めさせる為に、今夜は早めに帰って大欲をあらためて想起しよ!

 

では皆さま今日はこのへんで。。。