お局様に勝つ方法。

 

早速ですが、リフレーミングって知ってますか?

 

物事を違う視点、違う角度から見てみることによって捉え方、感じ方を変える方法です。

 

有名なたとえ話に、

グラスに水が半分入っている時、グラスの水を

 

「半分しか入ってない」

 

という見方と、

 

「半分も入っている」

 

という見方で感じ方が変わってくるって話がありますよね。

 

たとえば貯金を進める場合も

 

「給料の2割は貯金に回した方がいいぞ。」

「給料の8割で生活できるようにしたらいいぞ。」

 

これどちらも言ってることは一緒だけど、後者の方が貯められそうな気がしてきませんか?

 

このように物事の心理的枠組み(フレーム)を組み替えることによって、新たなより良い選択肢を作っていくわけです。

 

これって職場でのイジメなんかにも当てはまりますよね。

 

半面教師という言葉がありますが、まさしくそれです。

 

 

よくいる職場のお局様。

あれなんかも捉え方を変えればまさしく反面教師ですよね。

 

リフレーミングすれば彼女も立派な人生の師です。

 

ちなみに私は今日、なんと10数年ぶりに風邪をひきました。

 

39度の熱に昨晩はうなされました。

そのことさえリフレーミングすれば「痩せた!やった!」です。

 

・・・いや、それは乱暴すぎるな。。。

 

 

というわけでまた。