僕は「いつも元気ですね~」と言われますが、実はやはり人並みに落ち込んだり、理由のない寂しさや悲しみに押しつぶされそうになります。

ただ単に、それを見せていないだけのことです。

 

家族にも(むしろ家族だからこそ)そういう心境は見せません。

 

理由は見せたところで心配をかけるだけでなんの解決にもならないし、結局のところ自分自身の心の持ち方が変わらない限り、なにも良くはならないからです。

 

じゃあどうやって、その寂しさや悲しみを超えるのかというと、偉人たちの本を読んだり、名言集を見たりすることで乗り越えます。

 

その中にはシアトル・マリナーズのイチロー選手もいますし、リンカーンや坂本龍馬などもよく僕を助けてくれます。

 

今回は『心の栄養剤』とも言える珠玉の名言のごくごく一部をご紹介したいと思います。

 

あなたも苦しい時に読んでみてください。

 

 

まずはマザー・テレサから。。

 

 

今、この瞬間幸せでいましょう。

それで十分です。

その瞬間、瞬間が私たちの求めているものであって、

他には何もいらないのです。

 

1979年にノーベル平和賞の受賞のインタビューで「世界平和のためにどういうことをすればよいのでしょう?」と聞かれた際に。

 

世界平和のためにできることですか?

家に帰って

家族を愛してあげてください。

 

 

エイブラハム・リンカーン(第16代アメリカ合衆国大統領)

未来の一番いいところは、

一度に一日しかやってこないことだ。

 

 

イチロー選手(大リーガー)

苦悩というものは前進したいって思いがあって、それを乗り越えられる可能性のある人にしか訪れない。

だから苦悩とは飛躍なんです。

 

逆風は嫌いではなくありがたい。

どんなことでも逆風がなければ次のステップに行けないから。

 

 

美輪明宏(シャンソン歌手・シンガーソングライター)

人生はロマン。

自分は不幸だと悩むのではなく、

試練を与えられた物語の主人公だと思えば、

人生をエンジョイできる。

 

 

ネルソン・マンデラ(南アフリカ共和国第8代大統領)

生きる上で最も偉大な栄光は、

決して転ばないことにあるのではない。

転ぶたびに起き上がり続けることにある。

 

 

トーマス・エジソン(発明王)

Thomas Alva Edison (1847-1931)

人生における失敗者の多くは、

あきらめた時にどれだけ成功に近づいていたかに

気づかなかった人たちである。

 

 

 

どうですか?

 

苦しい時や悲しい時、寂しい時はどんな人にもあります。

 

それこそどんな富豪にも、一見幸せそのものに見えるような人たちにも必ずその気持ちは存在します。

 

そんな時に、とても勇気づけられる言葉たちだと思いませんか?

 

昔から「言霊」という言葉があります。

 

まだまだ本当に多くの力のある言葉たちがいます。

 

お互いに頑張っていきましょう!!