%e9%a2%a8%e8%88%b9

潜水艦と風船のはなし

 

潜水艦ってもちろん知ってますよね。

あの海の中深くふか〜く潜るやつ。

 

あれって海の中深くに潜っても平気なわけだけど、ちゃんと理由があるんだよね。

 

それは、海水の圧力に対して、負けないだけの硬度を艦体が持ってるってこと。

でもちゃんと限界深度があって、それを超えて潜るとペチャンコになってしまう。

 

現代の最新の技術を持ってしても、やはり限界がある。

 

じゃあ、深海魚ってなんで大丈夫なの?

って思いません?

 

深海魚ってすごくブヨブヨしてるんだ。

ほとんど水分に近いくらいブヨブヨしている。

 

どういうことかっていうと、海水も当然水分だし、それに対する深海魚もほとんど水分だから

圧力は等しいんだよね。

 

だから潰されない。

 

一方風船の場合。。。

 

あれは、外の圧力と中の圧力が等しいとなんでもないけど、外の圧力に対して、高度が上がりすぎて風船の中の圧力が大きくなり過ぎると、今度は風船が耐えきれなくなって終いには破裂しちゃうんだ。

 

何が言いたいのかって言うと、周りの『圧』に対して中の圧力が等しくないと、いけないってこと。

 

ストレスのかかる職場なんかでは気を張らなきゃいけないし、ゆったり出来る家なんかではしっかり気を緩めなきゃいけない。

 

そうやってバランスを保つことが大事なんだなあ。

 

・・・けっこう大変だけどね。。。汗