小林麻央さん

小林麻央さんがBBCに寄稿した言葉

rp_image-5-300x201.jpeg

おはようございます。

 

ぼくは小林麻央さんのファンで、ブログをいつも拝読させてもらってますが、あらためてよみかえしてみると彼女の心の変遷がとてもよく分かります。

 

人間、女性、母親の強さが時につまずきそうになりながらも、どんどん強く成長しているのがわかります。

 

小林麻央さんには多くの方が勇気と感動をもらったことでしょう。

かくいう私も彼女のブログからたいへんな勇気をもらっています。

 

先だってはイギリスBBCから「人の心を動かす、影響力をもった世界の100人の女性」に選ばれましたね。

また、その発表を受けて、小林麻央さんがBBCにあてたメッセージもたいへん感動的なものでした。

 

皆さんもぜひ小林麻央さんのブログをご覧になってみてください。

きっと今日一日がとても素敵な一日に思えてきますよ。

 

KOKORO 小林麻央のオフィシャルブログ

 

さて、小林麻央さんがイギリスBBCに寄稿した文章をご紹介します。

 

 

2年前、32歳の時に、私は乳癌であることを宣告されました。娘は3歳、息子はまだ1歳でした。

「治療をして癌が治れば、元の自分に戻れるのだから、大丈夫!」と思っていました。

けれど、そんなに簡単ではありませんでした。

今も、私の身体は、がんと共にあります。

私は、テレビに出る仕事をしていました。

病のイメージをもたれることや弱い姿を見せることには「怖れ」がありました。

なので、当時、私は病気を隠すことを選びました。

隠れるように病院へ通い、周囲に知られないよう人との交流を断ち、生活するようになっていきました。

1年8か月、そんな毎日を続けていたある日、

緩和ケアの先生の言葉が、私の心を変えてくれました。

「がんの陰に隠れないで!」

私は気がつきました。

元の自分に戻りたいと思っていながら、

私は、陰の方に陰の方に、望んでいる自分とは

かけ離れた自分になってしまっていたことに。

何かの罰で病気になったわけでもないのに、

私は自分自身を責め、それまでと同じように

生活できないことに、「失格」の烙印を押し、

苦しみの陰に隠れ続けていたのです。

 

それまで私は、全て自分が手をかけないと

気が済まなくて、

全て全てやるのが母親だと

強くこだわっていました。

それが私の理想の母親像でした。

けれど、

病気になって、

全て全てどころか、

全くできなくなり、

終いには、入院生活で、

子供たちと完全に離れてしまいました。

 

自分の心身を苦しめたまでの

こだわりは

失ってみると、

それほどの犠牲をはたく意味のある

こだわり(理想)ではなかったことに

気づきました。

そして家族は、私が彼らのために料理を作れなくても、幼稚園の送り迎えができなくても、

私を妻として、母として、以前と同じく、

認め、信じ、愛してくれていました。

私は、そんな家族のために、

誇らしい妻、強い母でありたいと思いました。

私は、闘病をBlogで公表し、

自ら、日向に出る決心をしました。

すると、たくさんの方が共感し、

私のために祈ってくれました。

そして、苦しみに向き合い、乗り越えたそれぞれの人生の経験を、

(コメント欄を通して)

教えてくれました。

私が怖れていた世界は、優しさと愛に

溢れていました。

今、100万人以上の読者の方と繋がっています。

 

人の死は、病気であるかにかかわらず、

いつ訪れるか分かりません。

例えば、私が今死んだら、

人はどう思うでしょうか。

「まだ34歳の若さで、可哀想に」

「小さな子供を残して、可哀想に」

でしょうか??

私は、そんなふうには思われたくありません。

なぜなら、病気になったことが

私の人生を代表する出来事ではないからです。

私の人生は、夢を叶え、時に苦しみもがき、

愛する人に出会い、

2人の宝物を授かり、家族に愛され、

愛した、色どり豊かな人生だからです。

だから、

与えられた時間を、病気の色だけに

支配されることは、やめました。

なりたい自分になる。人生をより色どり豊かなものにするために。

だって、人生は一度きりだから。

 

がんと闘病の小林麻央さん、BBCに寄稿 「色どり豊かな人生」

 

 

麻央さん、強い!かっこいい!!

img_0784

小林麻央さん、ステージ4ですってね。

 

肺と骨に転移したってブログで書いてましたね。

 

私の知人も、今、現在乳がんと闘っていますが、麻央さんにはたいへん励まされていると思います。

 

日々、とてもエネルギッシュに活動していたのに、2ヶ月前に少し具合が悪いから病院に行ったら、乳がんがかなり進行してて、すぐに入院して、抗ガン剤治療を受けています。

 

日本人の三人にひとりがガンで亡くなる時代。

けして他人事ではないですよね。

 

麻央さんの闘争心あふれるブログ。

最高です。

 

 

今日の麻央さんのブログ

・・・アメブロより転載

 

私なりに、

病気になって学ぶことも

ありました。

でも、

病気にならなくても

それが学べていたら、

もっとよかったな

とも、思いました。

 

私が気づくべきこと、

まだまだまだまだ気付けていないことが

たくさんあるような気がします。

体が思うように動かなくなったら

こんなに心が動き出すって

なんだか不思議です。

 

 

「当たり前」がどれだけ幸せなんだろうってことなんでしょうね。

 

お腹が空くこと、お腹が空いてご飯が美味しく食べられること。

仕事を頑張れて、疲れてグッスリ眠れること。

屈託なく笑えること。

 

何気ない日常に、いっぱいいっぱい幸せが隠されているんですよね。

 

それに気付けるかどうかで、幸せかどうかが決まるとすれば、高杉晋作の "面白きこともなき世をおもしろく、住みなすものは心なりけり"   って核心をついてますよね。

 

今日も「日常」に感謝して幸せに生きましょう

 

麻央さん、奇跡は起きる!絶対治るぜ!!

日本中が応援していますよ!!

 

 

覚悟を決めた人は強くて美しい・・小林麻央さん

rp_image2-300x225.jpeg

おはようございます。

今朝は秋らしい涼しい朝です。

 

盛夏も過ぎ、少し暑さも落ち着いてきて、ぐっすりゆっくり寝れる季節になりましたね。

 

そうそう、先日、海老蔵さんの奥さんの小林麻央さんがブログを再開しましたね。

 

乳がんとの戦いの途上ですが、周りに強く大きな元気と勇気をあげてくれました。

 

『決して諦めない姿勢』がビシビシと伝わってきました。

 

なんとなく、朝早くからそんなことを考えてたら頭に浮かんできたのが ”発明王トーマス・エジソン” の言葉の数々。

 

例えば。。。

 

ほとんど全ての人間は、もうこれ以上アイディアを

考えるのは不可能だというところまで行き着き、

そこでやる気をなくしてしまう。

勝負はそこからだというのに。

 

例えば。。。

 

人生に失敗した人の多くは、諦めた時に自分が

どれほど成功に近づいていたか

気づかなかった人たちだ。

 

例えば。。。

 

私は決して失望などしない。

どんな失敗も新たな一歩となるからだ。

 

などなどです。

 

しかし本当に、闘う覚悟を決めた人は強くて美しい!

 

小林麻央さん、応援してます!