最近気をつけていることがある。

 

どう言うことかと言うと。

 

今あること、今あるものに感謝する

 

ってことです。

 

普通は、感謝すべき何かが起きてから『あ〜良かった〜』とか、『あ〜幸せ〜』なんてことを言うけど。

 

今あるもの、例えば『目』や『耳』、『足』や『手』といったものにもしっかりと感謝すべきじゃあないかって思う。

 

ぼくの長男や長女が産まれる前、何を心配したかと言うと「とにかく五体満足で生まれてほしい」ってことだけだった。

 

それはそれからもいっしょで、健康以外は彼・彼女になにも求めたことがない。

 

目があるからいろんなことやものが見えるし、耳があるから好きな音楽が聞ける。

 

『味覚』や『健康な歯』だってそう。

 

美味しいものを食べて『美味しい!』って言えることって実に素晴らしいことだと思う。

 

昨日友達と食べたつけ麺も『味覚』や『健康な歯』があってこそだ。

 

つけ麺の美味さに感謝するのと同時に自分自身の『味覚』や『健康な歯』にもちゃんと感謝しなきゃいけないなと。

 

普段意識しないといかにも当たり前になってることだけど、それはとてもとても幸せなことだと思う。

 

足だってそう。

 

普通に歩いているけど、それだって健康な足があればこそである。

 

ふだん意識しないことにしっかりと注意を向けて、感謝して幸せを感じることが、日々の生活を豊かにすることになると思う。

 

実際に今回のこれを実践してからは、以前より随分とにこやかになったように思う。

 

素晴らしきかな人生

 

である。

 

 

さて、今日も感謝できる『今あるもの』を探してみよう。

 

やることなすこと楽しくなるから、ぜひみなさんにも勧めてみたい。